ぽれぽれ育児

母乳育児、子供の発達、おススメ育児用品など、育児に役立つ情報を発信していきます。母乳育児に悩んでいる方を応援しています。

【妊婦・授乳中・幼児】魚の摂取量に注意!水銀の取り過ぎの可能性あり

妊婦生活をしているときに、「魚の水銀が胎児に悪影響を与える」ということを、母子手帳や厚生労働省が配布している資料で知った方は多いのではないでしょうか。 ところが、アメリカやEUでは、妊婦だけでなく、幼児と授乳中のママも対象に入れていることを…

【写真】赤ちゃんがしもやけになったので、病院で薬をもらってきた

寒さが厳しくなって、雪が降る日もチラホラ出てきたころ。 息子の足にしもやけができてしまいました…! そこで、病院に行って薬をもらうことに。 しもやけの進行状態と、病院での処方についてまとめました。 しもやけの進行 最初は赤くなる 寒風が吹き荒れて…

【産後の避妊】授乳中は妊娠しない?正しい授乳性無月経法のやり方

産後の経過が順調であれば、1カ月検診で医師から夫婦生活の許可をもらうことができます。 授乳中は妊娠しないと言われますが、それは一定の条件を満たした場合にのみ有効です。 そこで、授乳中の避妊方法と、その他の避妊についてまとめました。 授乳中の避…

「授乳中にスマホ使ってもいいんだよ」小児科医のつぶやき

「NO!スマホ育児」が大きくうたわれていますが、授乳中にスマホを使って、なんとなく罪悪感にかられた経験ありませんか? そんな中、「授乳中にスマホ使ってもいいんだよ」という小児科医のぱぱしょーさんのツイッターが、子育て中のママから指示されてい…

【おむつ用ゴミ箱は必要なし!】安くて簡単なおむつの捨て方

出産準備品としてよく取り上げられる、おむつ用ゴミ箱。 本体だけでなく、カートリッジも良いお値段がするので、「おむつ用ごみ箱って必要なの?」と悩まれる方も多いと思います。 結論からいうと、おむつ用ゴミ箱は必要ありません! 子どもが産まれると、な…

母乳育児の危機?

母乳育児に苦労した私ですが、授乳中は、母乳育児に関する情報が限られていることにもどかしい思いをしました。 そこで今回は、母乳育児をとりまく環境について考えてみます。 母乳育児とインターネット 卒乳した今、改めて母乳育児についてインターネット検…

【専門書】母乳が足りているか確認する5つの方法。0カ月&1カ月以降の母乳不足のサインは?母乳が出るようにする方法は?

おっぱいをあげてもすぐに泣く赤ちゃん。 母乳が足りていないのかな? と母乳不足が気になり、不安になるママは、決して少なくありません。 そこで、産科施設の助産師さんの指導と、日本ラクテーションコンサルタント協会及びLa Leche League International…

【産後うつ】出産後は回復するために1~2年必要。ママと周囲に知っておいてほしい4つのこと

ツイッターで知ったのですが、出産後のママの回復について、北海道のローカル番組がうまくまとめた放送をしてくれました。 内容は、産後の回復を0カ月の「産じょく期」、1~3ヶ月の「疲労期」、4~8カ月の「葛藤期」、1~2年の「リカバリー完了期」の…

【お食事エプロン4種比較】ミキハウス立体的ランチスタイをおすすめする理由

赤ちゃんのお食事エプロンて、素材も形も種類がたくさんあって迷いますよね。 いただきものや自ら購入したものなど、お食事エプロンをいくつか使用した私が最終的にたどりついたのが、ミキハウスの立体的ランチスタイです。 「エイデンアンドネイ」、「angel…

情報源が確かな母乳育児のおすすめサイト

出産してはじめて直面する母乳育児の大変さ。 母乳育児で悩まれる方はとっても多いです。 私もその一人でした。 母乳育児をなんとかうまくできないものかと、眠い目をこすりながら、インターネットで検索する日々。 でも、情報源の不確かなサイトが上位に表…

母乳育児の支援ができない産科施設

出産という一大イベントの場となるのが、産婦人科医院や助産院といった産科施設です。 意外なことに、人員不足や設備上の問題で、適切な母乳育児の支援ができていない産科施設があるということをご存知でしょうか? 妊娠中に完全母乳を希望していても、どの…

【授乳のタイミング】「泣いたら授乳」では遅い。

「泣いたら授乳」と言われますが、実は「泣く」というのは赤ちゃんの最終手段です。 赤ちゃんは泣いていると、一生懸命メッセージを伝えようとするあまり、おっぱいを楽しむことができなくなります。 赤ちゃんがおっぱいを欲しがっているときのサインを、早…

【授乳間隔が短い】原因と2つの解決方法。授乳間隔があかないのは母乳不足のせい?

おっぱいをあげてもすぐに泣いて、授乳間隔が30分~1時間と短い。 世間では、「授乳間隔は2~3時間」といわれているけど、そんなに授乳間隔があくなんて信じられない。 授乳間隔が短いと、ママは体力的にも精神的にもまいってしまいますよね。 「おっぱ…

【授乳中のヘアカラーとパーマ】母乳育児の専門書を翻訳してみた

授乳中でもオシャレをしたい! 母乳育児中のママの中には、ヘアカラーやパーマをあてたいと考えている方が少なくないと思います。 ただ、授乳中のヘアカラーやパーマについて調べたところ、日本語のサイトや文献では、根拠があいまいなものしか見つかりませ…

【授乳とアルコール】医師が示す月齢と対処法。何時間あける?搾乳は必要?

授乳中でもお酒を飲みたい。 でも、赤ちゃんへの影響を考えると、飲酒すべきでないという意見が多数あります。 一方で、授乳中でもリフレッシュにお酒を飲んでも良いという声もあり、何が正しい情報なのかよくわかりません。 そこで、母乳育児の先進国である…

母乳育児の成長曲線を比較してみた(厚労省、WHO、日本母乳哺育学会)

母乳不足感に悩んだときに頻繁に手にするのが、母子手帳にのっている「乳幼児身体発育曲線」だと思います。 体重の増え方が、発育曲線のカーブより少しでも外れていると、「おっぱいが足りてないのかな…」と不安になりますよね。 ただ、母子手帳にのっている…

母乳育児の体重増加量はハッキリ分かっていない

母乳育児がうまくいっているかの目安となるのが、赤ちゃんの体重です。 ところが、医療従事者によって、指導する体重増加量が全く違う!ただでさえ母乳育児に苦労しているのに、ますます困惑。 そこで、母乳育児の専門家集団であるWHO/UNICEFと国際ラクテー…

完全母乳で育てているママの割合など。みんな母乳育児どうしてる?

完全母乳で育てたいけど、なかなか難しい…。 こんなに悩んでいるのは私だけ?他のみんなはどうしてる? 初めての育児は不安でいっぱい。 そこで、厚生労働省が10年おきに実施している「乳幼児栄養調査」(平成27年度版)の結果を調べてみました。 母乳育…

【母乳不足?】急成長期には、寝ない&よく泣く&授乳間隔が短くなるという特徴がある。

母乳育児をしているママさんには、実際には足りているのに、母乳が足りていないように感じる「母乳不足感」に悩まれている方がとっても多いです。 そこで、「母乳不足感」の例と、赤ちゃんが母乳で足りているか確認するための5つのサインをお伝えします。 …

混合栄養から完全母乳にする3つの方法。ラッチオン、ポジショニング、頻回授乳で母乳は出るようになる。

出産すれば、当然のようにおっぱいが出ると考えていたのですが、体重が増えず、授乳後もすぐに泣きだす長男。ミルクを足す自分に自己嫌悪の日々を過ごしていました。そこで、医師、助産師さん、母乳育児支援NPOの助言を実践し、その中でも特に効果があった3…

このブログについて

ブログを始めたきっかけ 妊娠・出産・育児を経験する中で、ちょっとした疑問や悩みをインターネットで検索することが結構ありました。 でも、本当に知りたい情報がなかなか得られずにもどかしい思いをすることもしばしば。 そこで、当事者のリアルな声を記事…