ぽれぽれ育児

母乳育児、子供の発達、おススメ育児用品など、育児に役立つ情報を発信していきます。母乳育児に悩んでいる方を応援しています。

【授乳とアルコール】医師が示す月齢と対処法。何時間あける?搾乳は必要?

授乳中でもお酒を飲みたい。

でも、赤ちゃんへの影響を考えると、飲酒すべきでないという意見が多数あります。

一方で、授乳中でもリフレッシュにお酒を飲んでも良いという声もあり、何が正しい情報なのかよくわかりません。

そこで、母乳育児の先進国であるアメリカの専門機関と医師の見解をまとめました。

 

飲酒から授乳まで、何時間あければいいの?

アルコールは母乳に移行し、その濃度は、飲酒の約30~60分後にピークに達します。食べ物とともに飲酒した場合、そのピークは60~90分後です。また、55kgの女性が1杯のビールやワインを摂取した場合、アルコールが分解されるには、約2~3時間を必要とします。それ以上の量のアルコールを摂取した場合は、より多くの時間がかかります。また、アルコール度数の高いお酒を摂取した場合は、1杯であっても、アルコールが分解されるには約13時間かかります。授乳中の赤ちゃんに対するアルコールの影響は、ママの飲酒量が直接関係してきます。*1

・アルコールを分解する速度は、体の大きさに左右されます。

・体重が重い人ほど、速くアルコールを分解することができます。*2

飲酒量とアルコール度数が高くなるほど、アルコールが分解されるまで時間がかかるので、お酒の量と種類に注意して授乳間隔を調整しましょう。

また、アルコールの分解速度は体重に左右されます。

引用記事はアメリカのものなので、標準体重が軽い日本人ママは、アルコールの分解速度がもっと遅い可能性があります。

 ビール1本やワイン1杯の場合、授乳までは最低3時間あけたほうがよさそうです。

食べ物と一緒に飲酒した場合、アルコールの吸収が抑えられるので、おつまみと一緒に楽しむのもいいですね。

 

赤ちゃんの月齢は?

・新生児は肝臓が未熟で、アルコールの影響を最も受けやすいです。

・3ヶ月くらいになると、大人の約半分の速度でアルコールを分解できます。

・月齢が高くなれば、より速くアルコールを分解することができるようになります。*3

 新生児の場合、体の機能がまだまだ未熟なので、飲酒は避けましょう。

少なくとも、アルコールを分解することができるようになる3ヶ月までは、飲酒は控えておいたほうが良さそうです。

また、授乳間隔が3時間以下の場合は、アルコールが分解される前に授乳することになるので、飲酒はやめておきましょう。

 

飲酒後の搾乳は必要?

 アルコールは、血中からなくなると、母乳からも消えていきます。アルコールは、母乳の中に「閉じ込め」られてはいないので、搾乳がアルコールを除去することにはなりません。(ママの血中アルコール濃度が低下するにつれて、母乳に含まれるアルコールは、血液に戻っていきます。)搾乳や、多量の水を飲むこと、休息をとること、コーヒーを飲むことは、アルコールの分解を速めることにはなりません。*4

 搾乳は、アルコールを除去することにもなりませんし、アルコールの分解を早めることにはなりません。

したがって、アルコールの分解を目的とする飲酒後の搾乳は不要です。

また、水を飲むことや休息をとること、コーヒーを飲むことなども効果はないみたいです。

 

授乳中の飲酒は赤ちゃんに影響するの?

授乳中の赤ちゃんに対するアルコールの影響は、ママが摂取したアルコール量が直接関係します。授乳中のママが、ほんの時々お酒を飲んだり、1日あたりの飲酒を1杯以下に制限した場合、赤ちゃんが受けとるアルコールは、有害な量にはならないと考えられています。*5 

ほんの時々、ビール1本やワイン1杯を飲むくらいでは、赤ちゃんに大きく影響しないようですね。

考え方としては、授乳中に薬を飲むのと同じみたいです。 

 

酔った場合は?

酔った場合は、血中のほとんどのアルコールが分解されたと考えられる程度、完全に正気に戻るまで授乳するべきではありません。授乳中のママが酩酊状態になった場合や、飲みすぎた場合の適切な研究は、まだありません。すべてのリスクが解明されていない以上、酩酊するまでお酒を飲むべきではありません。*6

 酔った場合は、アルコールが体から完全に排出されて、正気に戻るまで授乳をするべきではないです。

ママが酩酊状態になった場合の赤ちゃんへの影響も未解明なので、飲酒はほどほどにしておきましょう。

 

授乳中にお酒を飲むには?

・お酒を飲みたいけど、赤ちゃんへの影響が気になる場合は、前もって搾乳した母乳を貯めておきましょう。

・授乳前に、アルコールが完全に分解されるまで待ちましょう。

・アルコールが完全に分解されるまで待っているあいだに、おっぱいが張ってきたら、搾乳して捨てておきましょう。*7

 授乳中にお酒を飲む場合は、飲酒前に搾乳しておいた母乳を、哺乳瓶で赤ちゃんにあげるのも一つの手です。

また、飲酒後はアルコールが完全に分解されるまで授乳は控えておいて、おっぱいが張ってきたら搾乳して捨てましょう。

 

最後に

授乳中の飲酒は避けるに越したことはありません。

でも、ママのリフレッシュや、結婚式などのイベントで、お酒を飲む機会があるかもしれません。

そのときは、赤ちゃんに影響を及ぼさない程度にお酒を楽しみましょう!

 

以上、「【授乳とアルコール】医師が示す月齢と対処法。何時間あける?搾乳は必要?」でした。

 

 

関連記事です。

 

授乳中のオシャレについて、カラーリングとパーマについて記事にしています。 

porepore-ikuji.hatenadiary.com

 

 にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ にほんブログ村 子育てブログ 完全母乳育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ