ぽれぽれ育児

母乳育児、子供の発達、おススメ育児用品など、育児に役立つ情報を発信していきます。母乳育児に悩んでいる方を応援しています。

「授乳中にスマホ使ってもいいんだよ」小児科医のつぶやき

「NO!スマホ育児」が大きくうたわれていますが、授乳中にスマホを使って、なんとなく罪悪感にかられた経験ありませんか?

そんな中、「授乳中にスマホ使ってもいいんだよ」という小児科医のぱぱしょーさんのツイッターが、子育て中のママから指示されています。 

 

誰が授乳中のスマホを禁止しているのか

授乳中のスマホ禁止を口にしているのは、子育てをしていない方か、子育てを忘れてしまった方がほとんどではないでしょうか。

こういうことを言っているのは大抵、いかにも仕事しかしてこなかったおじさんか、遠い昔の育児経験を語るおばさんな気がします。 

私も子どもが生まれる前までは「スマホしながら子育てなんてありえない!」なんて思っていました。

でも、いざ子供を産んでみると、育児は分からないことだらけ。 

母乳は足りているの?なぜ泣き止まないの?私の出血は、腰痛はいつ止まるの?赤ちゃんの成長は順調?そういえば沐浴の仕方ってどうだっけ? 

目まぐるしく時間が過ぎていく毎日。

外出もままならない中、こうした疑問を解決するために手を伸ばすのがスマホではないでしょうか。

 

スマホを使う時間は限られている

小児科医の森戸やすみ先生も、授乳中のスマホの利用について、朝日新聞に寄稿しています。

なかにはスマホでゲームをする母親もいるかもしれません。そうだとしても、おそらくほとんどが数十秒から数分で終わるゲームでしょう。家事でさえ、子どもが泣いたら中断して駆けつけなくてはならず、あちこちやりかけが散らばっているのに、ゲームなんかに数十分もかけることはできません。わからないことだらけなのに忙しく、ときに絶望的になる乳児の育児中、隙間時間の息抜きも許されないとしたら、あまりにも母親に厳しい世の中ではないでしょうか。スマホは育児の命綱:朝日新聞デジタル

子育て中の方の、的確な指摘ですね。

子どもを育てるって、想像以上の大変さ。

赤ちゃんが突然泣きだしたり、かまって攻撃をしてくるのに、ずっとスマホを見るなんて不可能です。 

わたしは読書が趣味でしたが、子育てをしていると、まとまった時間と集中力を維持できません。

本を開いて2~3ページ読めればいいほうです。

隙間時間といえば、授乳の10~20分ぐらい。

そんな隙間時間を効率的につかえるのが、スマホです。

記事の流し読みができるスマホはありがたい存在でした。

  

スマホ以外ならいいのか

上記の記事で森戸先生も取り上げていますが、日本小児科医会が作った「スマホに子守をさせないで」というポスターには、授乳中の母親のイラスト付きで、

「赤ちゃんと目と目を合わせ、語りかけることで赤ちゃんの安心感と親子の愛着が育まれます」

と書いてありますが、本当でしょうか? 

周りの授乳経験のあるおばちゃん達に聞くと、こんな声が聞こえてきました。

・授乳中にアイロンをあてていた。

・授乳中に編み物をしていた。

・授乳中にテレビを見ていた。

・授乳中に車を運転していた。(時代を感じますね…!)

いずれも、授乳中の赤ちゃんと目を合わすことができない時間の使い方です。

サンプル数が少なくて恐縮ですが、おばちゃん達のお子さんは、みなさん立派に成長されています。

そもそも、「赤ちゃんと目と目を合わせ、語りかけることで赤ちゃんの安心感と親子の愛着が育まれる」という研究は存在するのでしょうか?

WHOやラ・レーチェ・リーグ・インターナショナル、イギリスのNHS等、授乳育児について記載している海外団体のホームページを読む限り、そんな記事は見当たりません。

(※もしあったら教えてください)

それどころか、目立つのは、「ママがリラックスできて、快適だと思える状態で授乳しましょう」

とママ本位のコメントです。

授乳中ずっと、赤ちゃんの目をみつめることでリラックスできる方はそうすればいいし、スマホでリラックスできるなら、スマホでも良いはずです。

授乳中のスマホ利用について何か嫌なことを言われたら、ぱぱしょーさんと森戸先生の発言を紹介してみてください。

きっとあなたの武器になると思います。

 

 

関連記事です。

 情報が正確なサイトは英語圏のものが多いのが欠点ですね…。

porepore-ikuji.hatenadiary.com

 

 こちらもツイッターで話題になったトピックです。

porepore-ikuji.hatenadiary.com  

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ