ぽれぽれ育児

母乳育児、子供の発達、おススメ育児用品など、育児に役立つ情報を発信していきます。母乳育児に悩んでいる方を応援しています。

【授乳中のヘアカラーとパーマ】母乳育児の専門書を翻訳してみた

授乳中でもオシャレをしたい!

母乳育児中のママの中には、ヘアカラーやパーマをあてたいと考えている方が少なくないと思います。

ただ、授乳中のヘアカラーやパーマについて調べたところ、日本語のサイトや文献では、根拠があいまいなものしか見つかりませんでした。

そこで、ヘアカラーやパーマが授乳中の赤ちゃんに与える影響について、医療関係者が参考にしている専門書を翻訳してみました。

 

ヘアカラーとパーマの母乳への影響

結論からいうと、ヘアカラーとパーマは、授乳中の赤ちゃんに影響を及ぼすことはありません。

授乳中の母親が、染髪やパーマといったヘアケア製品を使用した場合、赤ちゃんに対して、なにか影響を及ぼすという論拠はありません。*1

引用元は、The Breastfeeding Answer Bookです。

The Breastfeeding Answer Book は、アメリカの母乳育児支援団体である、ラ・リーチェ・リーグ・インターナショナルが発行している本です。

母乳外来で出会った、アメリカ帰りの助産師さんから教えてもらいました。

日本の母乳育児に携わるマジメな医療関係者は、必ず持っている本みたいです。

日本語訳版が出版されていないのが残念ですが、母乳育児に悩まれている方は参考にしてみてください。  

余談になりますが、この本には、日焼けサロンについても言及されていました。

授乳中のママが日焼けサロンで施術を受けても、カラーリングやパーマと同じように、赤ちゃんになにか影響を及ぼすという根拠はないみたいです。

The Breastfeeding Answer Book (La Leche League International Book)

The Breastfeeding Answer Book (La Leche League International Book)

  • 作者: Nancy Mohrbacher,Julie Stock,LA Leche League International
  • 出版社/メーカー: LA Leche League Intl
  • 発売日: 2003/04/15
  • メディア: リング製本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

授乳中にヘアカラーやパーマをあてるときの注意点

母親がヘアケア製品を使用した場合、いくらかの化学物質が頭皮を通して吸収されます。頭皮に傷があったり、すり剝いている状態と比較した場合、頭皮が健康で傷ついていない状態であれば、化学物質の吸収は抑えられます。*2

ヘアカラーやパーマの薬剤に含まれる化学物質は、若干ではありますが、ママの体に吸収されるみたいですね。
母乳への影響はないようですが、気になる方は、カラーリングやパーマをあてる前は、頭皮が傷ついていないか確認することをおススメします。

美容院でカラーリングやパーマをあてる場合は、敏感肌用の頭皮保護剤を塗ってもらっても良いですね。

 

授乳中でもリフレッシュを

母乳育児をしていると、母乳を通した赤ちゃんへの影響が気になりますよね。

授乳中のヘアカラーやパーマは良い気分転換になります。

ただでさえ時間がとれないママですが、たまにはパパにお世話をお願いして、リフレッシュしながら育児を楽しみましょう!

 

以上、「【授乳中のヘアカラーとパーマ】母乳育児の専門書を翻訳してみた」でした。

 

関連記事です。

 

授乳中のリフレッシュとしての、お酒との付き合いかたについて記事にしています。

porepore-ikuji.hatenadiary.com

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へ にほんブログ村 子育てブログ 完全母乳育児へ にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ